News

お知らせ・ニュース・コラム

【都心と地方の物件だとどちらの不動産投資の方が良いですか。≪新築RC造1棟マンションの建築企画≫東京23区で不動産投資】

私どもは23区限定で企画を行っておりますが、その理由は23区内であれば賃貸需要がとても見込み易いからになります。

 

従って、賃貸需要が安定している地方であれば収益性も上がりますので、都心部に固執する必要はないと思います。

 

私自身、東北地方以外の殆どの主要都市については不動産投資の仕事上、足を運んでおり、地方でも安定している都市がある事は十分に知っているので、地方都市の状況を把握し賃貸需要が見込めると考えるのであれば地方でも良いと思います。

 

しかし、この様な見極めは地元の方でもない限りはなかなか難しいので、地方で不動産投資をされる場合には、そのエリアの「人口動向はどうか」「広告料はどのくらいか」「他の地方都市と比べて賃料が崩壊(安価)していないか」などの基本情報はしっかりと調査してから行うようにして下さい。

 

最後になりますが、お聞きになった事があるかと思いますが、東京23区は世界都市の中で人口未収率がNO1の都市になりますので、不動産投資を行う立地としては申し分ないと思います。

その東京23区内で建築企画をする新築RC造の1棟マンションに関しては、無駄な中間マージンが掛からない為、収益性が高く、且つ資産性も高いという大きなメリットが御座います。

年金対策だけでなくCRE戦略や相続対策を行いながら、しっかりとした収益と含み益が確保できますので、ご質問や詳細についてのご相談等が御座いましたら「お問合せ」下さい。